40歳から不妊治療を受けて妊娠できる確率はどのくらい?

40歳から不妊治療を受けて妊娠できる確率はどのくらい?

 


36歳で結婚、その後は夫婦共働きで忙しく、数年たった今から妊活しようと考えています。

 

私は現在40歳なのですが、これから不妊治療を始めるとして、妊娠できる確率はどのくらいになると思いますか?

 

40代になって妊娠できた女性タレントがとかもいるので、可能性はあるはずと考えているのですが。

 

40歳 商社総合職

 

 

女性の社会進出が当たり前の現在は、結婚年齢も上がり、それに合わせて妊活を始める時期も遅くなってきています。

 

 

不妊治療の専門家によれば、質問者さんのように、40代で初めて不妊治療をスタートするという女性も多くなってきているということです。

 

 

年齢にかかわらず、良いパートナーに恵まれたときに、ふたりの子供が欲しい考えるのは自然なことですよね。

 

 

ですが、現代の医学を持ってしても、高齢出産が難しいことは変わりがないようです。

 

 

20代や30代前半に比べると、妊娠できる確率は大きく低下してしまうといいます。

 

 

 

妊娠しづらいだけでなく流産もしやすくなる

 

「妊娠率にもっとも影響するのは女性の年齢」

 

 

女性の妊娠する力(妊孕性)30代後半に入るころから大きく低下して、その後も年齢が進むほどに下降していきます。

 

 

「日本産婦人科学会」が2014年に発表した総胚移植(人工授精)のデータを見てみると、

 

 

30歳未満では40%超ですが、30代後半になると約30%に、40歳以降では15%未満にまで下がっています。

 

 

しかも、40歳以上になると流産率が高くなり、受精できたとしても半分以上が流産しているという現実もあります。

 

 

月経が止まるのは50歳前後ということから、「まだ大丈夫なはず」と誤解することも多いのですが、、実際には、閉経の10年以上前から、すでに妊娠は難しくなっているのです。

 

 

ですから、高齢になってから不妊治療をスタートするなら、年齢による妊娠率の変化を知っておくことが大切になります。

 

 

 

妊娠率が下がる理由は?

 

最近になって耳にすることが増えた「卵子の老化」

 

 

これこそが、加齢によって妊娠率が下がる一番大きな原因です。

 

 

「卵子の老化」には、質が低下することと、数が減ってしまうことの2つの側面があります。

 

 

“質の低下” とは、卵子の染色体異常が増えることを指しています。

 

 

若くても受精卵の染色体異常は起こるものの、45歳の女性の場合だとおよそ8割と、異常卵の割合が圧倒的に増えてしまうのです。

 

 

また、卵子の老化によって、ミトコンドリア機能や、酸化ストレスに対する抗酸化力の低下なども起こるといいます。

 

 

その結果どうなるかというと、

 

・受精卵ができても胚の成長が途中で止まる

 

・子宮に着床しにくくなる

 

・妊娠状態を継続できず流産してしまう

 

といったケースが多くなります。

 

 

次に “卵子の数の減少” ですが、卵巣の中の卵子は年齢とともに減っていきます。

 

 

最終的に卵子がゼロになった状態が閉経です。

 

 

もともとの卵子の数が少なければ、そこから受精卵に育つ「健康な卵子」の数も少なくなってしまいます。

 

 

そのため自然妊娠の確率は低くなり、体外受精などの不妊治療をするにしても採卵できる卵子はが少なくなってしまうのです。

 

 

 

卵巣年齢をあらわすAMH

 

病院で卵巣機能を調べるためにおこなうのが「AMH検査」です。

 

 

これは血液検査なのですが、卵子のもととなる原始卵胞が少なくなるとAMH(アンチミューラリアンホルモン)の値が低くなります。

 

 

つまり、この検査の値が低いほど受精できる卵子の数が少ないということになるのですね。

 

 

女性はこの世に生を受けたときには、原始卵胞を約200万個もって生まれます。

 

 

それが月経が始まる思春期ごろには約20〜30万個まで減り、それ以降、排卵のたびに卵子は消費されていきます。

 

 

学校の保健体育の授業で「毎月ひとつの卵子が排卵される」と教わりませんでしたか?

 

 

でも実際は、1回の排卵周期で約1000個もの卵子が消費されるそうです。

 

 

そうやって年齢とともに卵子の数は減っていき、AMHの数値も下がっていく。

 

 

つまり、卵巣機能も衰えていくので、残された時間も卵子もなくなっていっているということになります。

 

 

 

チャレンジするなら1日も早く

 

今回の質問者さんの40歳という年齢だと、人工授精を試みても、自分の卵子で妊娠・出産できる確率は期待するほど高くないことがわかりますね。

 

 

有名人や女性タレントが45歳を過ぎて出産したとニュースになることがありますが、これは「若い女性から卵子提供を受けて生殖医療を行った結果」というケースも少なくないそうです。

 

 

このように、高齢出産への望みというのは厳しい選択にはなります。

 

 

可能性は少ないと理解しながら努力し、長い期間とお金がかけるのは大変なことです。

 

 

それでも、残されたチャンスをあきらめたくないというのであれば、少しでも早く医師に相談し早く治療を始めたほうがいいでしょう

 

 

症例数は限られますが、40代半ばで子供を授かったご夫婦もいらっしゃるそうです。

 

 

女性不妊サプリメントおすすめランキング

 

 

 

人気の関連記事

 

ベジママは妊活パパが飲んでも大丈夫?

 

 

【ベルタ葉酸サプリ】できるだけ安心・手軽に妊娠体質を目指すなら

 

 

精子力アップ!男性妊活サプリ

 

 

妊娠体質に変える!夫婦一緒に飲む2つのサプリメント

 

 

 

 

 


 
トップページ 妊活サプリ(女性) 妊活サプリ(男性) 目次