ビタミンB群 子供 できない

ビタミンB群不足を改善して子供のできやすい体質に

 

妊娠前から妊娠中にかけては、体内のビタミン類の不足に気を付けたい時期です。

 

 

なかでも葉酸を含めたビタミンB群「代謝ビタミン」と呼ばれていて、ママとお腹の赤ちゃんの生命活動のためには欠かせない栄養素なんです。

 

 

とりわけ葉酸とB12については妊娠の初期にすごく大切で、厚生労働省が摂ることを推奨しているほど。

 

 

ビタミンBにはいくつもの種類があって、それぞれ単独だと吸収がよくなくて効果を発揮しにくいとされています。

 

 

ですから、“群” として複合的に取り入れることが重要なんですね。

 

 

ビタミンB群一覧

ビタミンB1・B2・B6・B12ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸

 

 

 

不妊女性に不足しがちなビタミン

 

不妊治療外来の血液検査では、不妊に悩む女性に足りない栄養素はタンパク質、鉄分、そしてビタミンBになるケースが多いと言います。

 

 

意識して食事やサプリメントなどから摂るようにしないと、欠乏しがちな栄養分のひとつだということです。

 

 

妊活〜妊娠中に特に欠かさないようにしたいのが、
ビオチンB6、それからB12葉酸です。

 

 

B12と葉酸については、以下のページで詳しく説明しています。

 

>>葉酸 + B12 赤ちゃんの先天異常を予防する栄養素

 

 

 

ビタミンB群の役割・効果

 

ビタミンBの一つ目の大きな役割が、エネルギーの代謝にかかわるということ。

 

 

人間の活動するエネルギーの元となるタンパク質・糖質・脂質は、体内に入ってから消化・吸収(代謝)されてからエネルギーとして使われることになります。

 

 

その代謝活動に欠かせないのがビタミンBなんですね。

 

 

不足すれば、卵子のエネルギーも不足することなってしまい、妊娠に不利になってしまいます。

 

 

そして二つ目、ビタミンBは脳の神経伝達物質の原料としても重要なものです。

 

 

ストレスやうつ、不眠症状を予防する役割も持っていて、ママさんを精神的に安定させてくれます。

 

 

子供ができない悩みや、初めての妊娠〜出産からくるイライラ感、落ち着きのなさを感じているなら、ビタミンBを補ってあげるといいかもしれません。

 

 

また、授乳中のお母さんが欠乏していると、それが赤ちゃんにも伝わってしまうことも。

 

 

そうなるとママと同じように落ち着かなくなったり、夜泣きが激しくなったりして、子育てが余計に大変になったりしてしまいかねません。

 

 

ママと赤ちゃん両方のメンタル面にも重要な役割を果たす栄養素だということなのですね。

 

 

 

つわりを軽くし奇形の心配をなくすためにも

 

そのほかにも、ビタミンB6には妊娠初期のつわり、それから妊娠中毒症を軽くしてくれる作用もあるとされています。

 

 

腸内細菌から作られるビオチンが欠乏すると、胎児に奇形が起こる危険があるという怖い報告もあります。

 

 

(以前は「ビオチンは体内で作られるから欠乏しない」と言われていたものの、「実は足りなくなるケースもある」いう研究結果が出ているそうです)

 

 

こういったことからも、ビタミンB群は妊娠の最初の段階、できれば妊娠を目指しているタイミングから積極的に摂取したいものになります。

 

 

 

こんな人は不足しやすい

 

「代謝ビタミン」として活用されるビタミンB群は、その名の通り体内の代謝活動が大きいほど消費されやすいものです。

 

 

特に糖質に含まれるブドウ糖とアルコールを分解するときに大量に使われることがわかっています。

 

 

  • ごはんやパン、甘いものをよく食べる
  • お酒をよく飲む

 

こういった人は消費量が多く、足りなくなりやすいといえます。

 

 

昔に比べてビタミンBが足りない人が多いのには、精製食品を食べる機会が増えていることも関係しているようです。

 

 

玄米などの雑穀にはビタミンB1が多く含まれているものの、白米に生成される過程でB1が削がれてしまっているのです。

 

 

それからダイエットのため、ヘルシーな食事を考えて肉類をあまり食べないという場合も、肉に豊富に含まれるビタミンBを摂れていないことになります。

 

 

糖分は控えめに、肉類は適量をしっかりと食べる

 

 

こういった食生活が妊娠体質を目指すなら大切なことなんですね。

 

 

 

サプリメントなら総合的に補給できる

 

不足しがちで、しかもいくつもの種類を摂取する必要のあるビタミンB。

 

 

忙しい生活の中で、毎日バランスを考えた食事をとること自体がストレスになってしまうかもしれませんね。

 

 

私が妊活中から出産時期まで、栄養成分を補うために活用していたのが妊活用サプリでした。

 

 

ビタミン類各種はもちろんのこと、それ以外のタンパク質・鉄分・亜鉛なども適量づつ摂れるため、とても効率的。

 

 

「ちゃんと赤ちゃんを作るための栄養をとっている」という安心感も、心の不調を和らげて精神的な落ち着きを与えてくれました。

 

 

私が服用していたのが【ベルタ葉酸サプリ】。

 

 

以下のページでどんなサプリなのか紹介しているので、参考にしてみてください。

 

 

 

 

人気の関連記事

 

ベジママは妊活パパが飲んでも大丈夫?

 

 

精子力アップ!男性妊活サプリ

 

 

妊娠体質に変える!夫婦一緒に飲む2つのサプリメント

 

 

 

 

>>子供ができない原因と解決方法 トップページ

 

 


 
トップページ 妊活サプリ(女性) 妊活サプリ(男性) 目次