妊活前に受けておきたい!感染症の抗体検査にはどんな種類があるの?

妊活前に受けておきたい!感染症の抗体検査にはどんな種類があるの?

 

 

「健全なカラダにこそ健康な赤ちゃんが宿る」

 

 

子供を作ることを決めたならば、やっておきたいのが自分の体の健康チェックです。

 

 

そのチェックは、自分自身でできることもあるものの、やっぱり病院できちんと調べてもらうと安心できますよね。

 

 

最近では「ブライダルチェック」と呼ばれる、妊娠に向けての健康パッケージを準備しているクリニックなどもあります。

 

 

そして基本検診に加えて受けておきたいのが、「感染症の抗体検査」です。

 

 

もし妊娠中にママさんが感染症に侵されてしまうと、お腹の赤ちゃんにも伝染ってしまう危険性があるからです。

 

 

もともと体が抗体を持っていればいいですし、そうでなくても予防接種で防ぐことも可能なので、病院での検査はあらかじめ受けておきたいところですね。

 

 

特に気をつけたい感染症としては風疹(ふうしん)・水疱瘡(みずぼうそう)・性病を含むその他の感染症があります。

 

 

 

風疹(ふうしん)

 

妊娠中に風疹にかかると、胎児が感染する恐れがあります。

 

 

これを「先天性風疹症候群」と呼びます。

 

 

あなたは、子ども(小中学生)のころに風疹のワクチン接種を受けた記憶はあるでしょうか?

 

 

女性は年代によって受けていない可能性があります

 

 

たとえば昭和37年4月1日までに生まれた人は、1回も接種していないはず。

 

 

昭和37年4月2日〜昭和54年3月31日が出生日の人は、中学生の時に集団接種を受けているはずです。

 

 

それ以降の時代には、実施されたのが「個別接種」のため摂取していない人が多いので注意が必要になります。

 

 

親御さんが記憶している場合もあるでしょうが、予防接種を受けたかどうかが定かでないなら、病院でチェックしてもらいたいところです。

 

 

受けていても抗体ができていないケースもあります

 

 

そんなことから、ここ数年風疹の感染が広まっているのですね。

 

 

また、男性はほとんどの年代でワクチン接種を受けていません。

 

 

自分が妊娠するわけではないものの、妊娠中に妻に感染させてしまう危険性も考えられます。

 

 

予防意識を持って、男性側も確認するようにしましょう。

 

 

女性は、安全のため「予防接種を受けて2ヶ月間」は妊娠を控えるように言われますから、将来の妊娠にそなえて早めにカラダの準備をしておきたいところです。

 

 

 

水疱瘡(みずぼうそう)

 

水疱瘡は5歳までに8割の子供がかかると言われる一般的な病気です。

 

 

成人の90%はすでに抗体を持っているため、妊婦さんが水疱瘡にかかる可能性はとても低いといえます。

 

 

ただ、風疹と同じく抗体ができていない場合もありますし、病院での抗体検査で100%安全だと確認できればベストですね。

 

 

 

その他の感染症

 

性病を含むその他の感染症については、ワクチンがなく予防接種がないものがほとんど。

 

 

ですから、たとえば性感染症ならコンドームを付けるなどの予防法が必要になります。

 

 

結婚後も、妊娠の予定が当面ないのであれば、避妊の意味も含めて、コンドームを正しく利用しておくことも考えたほうがいいでしょう。

 

 

以下に代表的な性感染症、妊娠中や授乳中に注意したい感染症を紹介しておきます。

 

 

主な性感染症

淋病・梅毒・クラミジア・エイズウイルス(HIV)・B型肝炎・C型肝炎 など

 

妊娠中や授乳中に注意したい感染症

インフルエンザ・トキソプラズマ・HTLV-1・サイトメガロウイルス・リンゴ病 など

 

 

女性不妊サプリメントおすすめランキング

 

 

人気の関連記事

 

ベジママは妊活パパが飲んでも大丈夫?

 

 

【ベルタ葉酸サプリ】できるだけ安心・手軽に妊娠体質を目指すなら

 

 

精子力アップ!男性妊活サプリ

 

 

妊娠体質に変える!夫婦一緒に飲む2つのサプリメント

 

 

 

 


 
トップページ 妊活サプリ(女性) 妊活サプリ(男性) 目次