ビタミンA 妊娠

ビタミンAは妊娠初期に大切 | 赤ちゃんの細胞分裂を助ける

妊娠体質を維持するのにビタミン類は欠かせないもの。

 

 

そのなかでもビタミンAは、おなかの赤ちゃんの成長に必要な栄養素です。

 

 

人間のカラダの成長は細胞が増えて大きくなることで起こりますが、胎児の場合、それが一番活発になるのが妊娠初期です。

 

 

妊娠が判明する妊娠1〜2か月ごろに、胎児は細胞分裂を繰り返します。

 

 

この時期にはビタミンAが最も重要で、不足してしまえば赤ちゃんの発育に悪影響(成長障害)が出てしまうのですね。

 

 

また、粘膜が弱くなって、感染症に弱い体質になる危険性もあるといいます。

 

 

 

ビタミンAの働きと豊富な食材

 

ビタミンAの働きには

 

免疫力をアップさせる

 

生殖機能の向上

 

粘膜を維持する

 

などもあることから、赤ちゃんだけでなく、妊娠前・妊娠中のママさんにも欠かせない栄養成分となっています。

 

 

不足してしまうと、皮膚や粘膜が乾燥して傷つきやすくなってしまいます。

 

 

また、抵抗力が衰えることで、風邪などの感染症にかかりやすくなりますから注意が必要です。

 

 

ビタミンAの成分「レチノール」を多く含む食品

レバー(牛・豚・鶏)・アンコウ・ウナギ・アナゴ・チーズ・バター・卵黄・
ほうれん草・チンゲン菜・プルーン など

 

そのほかにも、体内でレチノールに変換される「β-カロテン」を多く含む緑黄色野菜(にんじん・かぼちゃ・モロヘイヤ など)からも摂ることができます。

 

 

 

過剰摂取が心配ならサプリメントが便利

 

毎日の食事から摂取できるビタミンAなのですが、最近は「過剰摂取が心配」という声もよく聞かれます。

 

 

天然のビタミンAなら問題はないとされているものの、催奇形性(さいきけいせい:胎児に奇形が起こる危険性)の不安があるためです。

 

 

特に化粧品や医薬品に含まれる合成のビタミンA・ビタミンA誘導体には危険があるということで、妊娠前・妊娠中に用いるのは禁止されているのですね。

 

 

お腹の中の赤ちゃんのことを考えると、必要以上の摂取は控えたいところ。

 

 

必要分のみを不足なくとりたいというときには、厳選成分だけでできた妊活サプリを利用する方法もあります。

 

 

私も利用していたし、おかげで妊活中から産後までトラブルなく過ごすことができました。

 

 

そんな私が服用していたのが【ベルタ葉酸サプリ】

 

 

 

葉酸だけでなく、妊娠体質を目指す女性が摂りたい栄養素が、適量づつ豊富に含まれているサプリメントになります。

 

 

ベルタ葉酸サプリでは、ビタミンAは1粒当たり0.6μg(0.0006mg)。

 

 

成人女子推奨量が0.65μgなので、それよりも少し控えめになっているのが特徴です。

 

 

食べ物などから摂るぶんを差し引いて配合されている、ということなんですね。

 

 

「赤ちゃんの成長のためにはビタミンAは大切」

 

「でも摂り過ぎはこわい」

 

 

というときに、頼りになるアイテムだと感じています。

 

 

 

 

人気の関連記事

 

ベジママは妊活パパが飲んでも大丈夫?

 

 

精子力アップ!男性妊活サプリ

 

 

妊娠体質に変える!夫婦一緒に飲む2つのサプリメント

 

 

 

 

>>子供ができない原因と解決方法 トップページ


 
トップページ 妊活サプリ(女性) 妊活サプリ(男性) 目次