男性妊活 食事 栄養素

男性を妊娠体質に変える食事と栄養素!そのポイントとは?

子供ができない悩みは夫婦一緒のはずなのに、対策しようとしているのは奥さんだけ・・・

 

 

これやっぱり矛盾してますよね?

 

 

子どもを授かれるかどうかは、夫婦の協力しだいです。

 

 

女性が妊娠体質を目指して食事や栄養に気を使っているならば、男性も同じ努力をすべき。

 

 

これは強制というよりも、そのほうがより早く赤ちゃんに出会う近道になります。

 

 

妊活にもバランスのいい健康的な食事が一番!ではあるものの、旦那さんが妊娠体質に近づくために積極的に摂りたい栄養素もあります。

 

 

ここでは食事面での男性妊活、栄養状態を整えるために摂取すべき成分についてみていきましょう。

 

 

 

亜鉛は男性にとっての必須ミネラル

まず男性にぜひ摂ってもらいたいのが亜鉛です。

 

 

人間の体内では、300種類以上の酵素が無数の化学反応をしながら、生命を維持するために働いています。

 

 

その仲介役として不可欠なのが亜鉛です。

 

 

亜鉛が不足すると意欲や性欲も弱まってしまいます。

 

 

そのうえ精子の形成や運動性、前立腺の働きにも深く関係する成分なので、男性にとっては極めて重要なものになります。

 

 

それなのに現代人の食生活で不足しがちな栄養分の代表なので、意識して補給していかなくてはいけません。

 

 

以下のページでは、効率的に亜鉛を摂取できるサプリメントも紹介しています。

 

>>亜鉛不足が子供ができない理由かも | 不足は排卵障害の原因にも

 

 

 

DHA

青魚に豊富なことで知られるDHA(ドコサヘキサエン酸)。

 

 

精巣、精子にはDHAが多く含まれていて、不足すると生殖能力の低下をもたらすことがわかっています。

 

 

昔の日本の食卓には当たり前に並んでいた魚料理も、今ではあまり食べなくなったという家庭も多いのではないでしょうか?

 

 

肉類中心だったり、インスタント物ばかり食べている男性も、週に何度かは青魚を食べるようにしたいですね。

 

>>DHA・EPAは赤ちゃんの知能の発達に関わる大切な脂肪酸

 

 

 

ビタミンA

ビタミン類も大切な栄養素ですが、男性にとって特に重要なのがビタミンA・B・Eです。

 

 

ビタミンAの欠乏は精巣に萎縮を生じさせ、不妊の原因になるとといわれています。

 

 

精巣が収縮すると正常な働きができなくなり、精母細胞の減少、精子の形成障害が起こる危険性もでてきてしまうのです。

 

 

 

パントテン酸

パントテン酸はビタミンBのひとつです。

 

 

こちらも欠乏すると精子の形成が阻害されてしまいます。

 

 

加工食品ばかりの食生活やストレスが大きくなると、不足の可能性が高まります。

 

>>ビタミンB群不足を改善して子供のできやすい体質に

 

 

 

ビタミンE

不妊治療の一環として投与されることもあるのがビタミンEです。

 

 

不足すると精子の形成能力が低くなるという症例が報告されています。

 

これは脳下垂体前葉ホルモン(成長ホルモン・生殖腺刺激ホルモン・甲状腺刺激ホルモン・副腎皮質刺激ホルモン・黄体形成ホルモンの総称)を生み出す細胞の機能を低下させてしまうためだといわれています。

 

>>ビタミンEで不妊を防ぐ | 妊娠ビタミンは抗酸化作用が抜群!

 

 

 

まとめ

男性不妊の大きな原因のひとつが「精子の量・質の低下」です。

 

 

以上で紹介した栄養素は、どれも精子の正常な生産を助けるものばかりだということがわかるかと思います。

 

 

これらの有効成分を日々の食事だけで補うのは難しい・・・と感じるのなら、取り入れたいのが男性不妊サプリです。

 

 

精子・精液を作り出しやすくしてくれる栄養分がバランス良くそろったサプリは、男性妊活の第一歩になるはずですよ。

 

>>子供ができない悩みに対応した男性妊活サプリ3種類

 

 

人気の関連記事

 

ベジママは妊活パパが飲んでも大丈夫?

 

 

【ベルタ葉酸サプリ】できるだけ安心・手軽に妊娠体質を目指すなら

 

 

妊娠体質に変える!夫婦一緒に飲む2つのサプリメント

 

 

 

 

 


 
トップページ 妊活サプリ(女性) 妊活サプリ(男性) 目次