多嚢胞のためクロミッドを使った排卵誘発法で挑んだ私の妊活

多嚢胞のためクロミッドを使った排卵誘発法で挑んだ私の妊活

 

五年ほど前、妊活をしていました。

 

 

うちの夫婦に子供ができなかったそもそもの原因は、私の多嚢胞性卵巣症候群といって、卵巣の中に不完全な卵子がポコポコと出来てしまう病気でした。

 

>>ベジママは多嚢胞の改善に期待できるピニトール配合

 

 

卵子が沢山出来ても結局は不完全なため、精子と結合しても妊娠に至る可能性が低いという不妊に繋がる原因の一つになります。

 

 

生理痛が酷いとか極度の生理不順とかそういった症状がよく現れますが、実際は無自覚であることが多いようです。

 

 

実際私も生理痛以外はそれほど気にしたこともなく、不妊を疑って内診を受けた婦人科で初めて診断されて驚きました。

 

 

しかし多嚢胞性卵巣症候群は、薬や注射でじっくり卵子を育てることが可能です。

 

 

 

クロミッドを使った排卵誘発法

 

 

よほどの事情がない限り、最初はクロミッドという排卵促進のための薬を五日ほど、毎日服用する治療がなされます。

 

 

少しの期間、決まった時間に錠剤を服用するだけですので負担もなく、人によっては下腹部が張ったりという症状が出たりするそうですが私は特に目立った副作用もありませんでした。

 

 

もうひとつの副作用としては、卵子が幾つか同時期に育ってしまうことにより双子以上の多子が出来てしまう可能性があることです。

 

 

私にはその薬以外に選択肢はありませんでしたので、二つ返事でその治療をお願いしました。

 

 

その後は無事卵子が育ったのを確認し、おそらく排卵日であろう日を医師に決定して頂き、その日前後で何度か性交渉を行います。

 

 

いわゆる「タイミング法」ですね。

 

 

私の場合はこの方法を三回ほど行ったところで運よく妊娠できましたが、最後の三回目はなかなか卵子が排卵しないということで、強制的に排卵させる筋肉注射を肩に打っての治療となりました。

 

 

クロミッドは連続で何度も使うと効果が落ちるため、次回からは薬の代わりに自己注射だねと言われておりました。

 

 

なので何とかギリギリに妊娠できた私はただ単に運が良かったのだと思います。

 

 

 

ストレスのない普段通りの生活をキープすることが大切

 

妊娠は本当にゴールの見えないマラソンで、私の周りにも不妊治療に苦しんでいる人が本当に多いです。

 

 

頑張ったら頑張ったぶんだけ報われるものでもないですから、とにかく自分やパートナーのモチベーションを保ちつつ、ストレスをかけない普段通りの生活をすることが大切です。

 

 

葉酸を摂ったり普段から体を温める努力をしたり、妊娠しやすい体作りを意識することも良いですね。

 

 

たとえどれだけ不妊治療が長引いたとしても、可愛い赤ちゃんが抱ければそんな辛さなどすっかり忘れられます。

 

 

気長に焦らず、楽しく妊活していきたいものですね。

 

 

女性不妊サプリメントおすすめランキング

 

 

人気の関連記事

 

ベジママは妊活パパが飲んでも大丈夫?

 

 

【ベルタ葉酸サプリ】できるだけ安心・手軽に妊娠体質を目指すなら

 

 

精子力アップ!男性妊活サプリ

 

 

妊娠体質に変える!夫婦一緒に飲む2つのサプリメント

 

 

 

 

>>子供ができない原因と解決方法 トップページ

 

 


 
トップページ 妊活サプリ(女性) 妊活サプリ(男性) 目次