子供 できない

妊娠しやすい身体にする為に止めたこと、始めたこと3つ

私は30歳で妊活を始めました。

 

 

始めの内は行為をすれば簡単に妊娠をすると思っていました。

 

 

しかし、中々授からなかった為、本格的に妊活を決意しました。

 

 

まず止めたこと

まず、妊娠しやすい身体作りの為に大好きだった煙草とアルコールを止めました。

 

 

煙草もアルコールも妊娠を妨げてしまう、「無排性卵月経」という月経がきているのに排卵が出来ていない状態になりやすくなってしまうそうです。

 

 

排卵が出来ていなければ妊娠する可能性はゼロに等しくなってしまいます。

 

 

止めた直後はストレスが溜まってしまい苦しかったですが、慣れてしまえば苦痛に感じませんでした。

 

 

 

始めたこと その1

逆に始めたことは主に三つあります。

 

 

一つ目は食生活の改善です。規則正しく、バランス良く三食食べることを心掛けました。

 

 

妊活の為に栄養バランスを考え、主に大豆製品、魚、鉄分を多く含む食品など妊娠の為の食材を使うことが多かったです。

 

 

夫にも協力してもらい、山芋や牡蠣など精力アップの為の食材も食べていました。

 

 

補えない栄栄養素はサプリメントを使い、マカと葉酸を飲み続けることにしました。

 

 

始めたこと その2

二つ目は結構を良くする為の温活と運動です。

 

 

温活は冷たい物やカフェインを控えることから腹巻きや靴下などを履くことまで徹底的に身体を温めました。

 

 

運動はお風呂上がりに子宮の血行を促す効果のあるヨガを始めました。

 

 

運動嫌いな私でしたが30分程度のヨガでリフレッシュすることができ、継続的に行えました。

 

 

冷えは妊活の大敵なので温活活動は重要だったと思います。

 

 

始めたこと その3

三つ目は基礎体温を測り、身体を把握することです。

 

 

基礎体温の上昇によって排卵日がわかり、タイミング法をとることができます。

 

 

また体調管理にも役立つので助かりました。

 

 

一人では妊娠は成り立たないので夫に理解してもらい力を合わせることが大切です。

 

 

一番大事なことは・・・

 

私の妊活経験で一番重視していたことはストレスを溜めないことでした。

 

 

妊娠しないことがストレスになり、生理がきてしまう度に涙を流していましたがストレスは妊娠を遠ざけてしまいます。

 

 

一年経っても効果が出なければ医療の力を借りようと思い、それまでは妊活を楽しもうと心掛けました。

 

 

現在はストレス社会なので溜めない方が難しいのですが発散方法を自分なりに見つけ、妊活ライフを充実させました。

 

 

女性不妊サプリメントおすすめランキング

 

 

人気の関連記事

 

ベジママは妊活パパが飲んでも大丈夫?

 

 

【ベルタ葉酸サプリ】できるだけ安心・手軽に妊娠体質を目指すなら

 

 

精子力アップ!男性妊活サプリ

 

 

妊娠体質に変える!夫婦一緒に飲む2つのサプリメント

 

 

 

 

>>子供ができない原因と解決方法 トップページ

 

 

 


 
トップページ 妊活サプリ(女性) 妊活サプリ(男性) 目次