コエンザイムQ10の妊活摂取時期と最適な量は?

コエンザイムQ10の妊活摂取時期と最適な量は?

 

コエンザイムQ10は「ユビキノン」「ビタミンQ」ともいわれるビタミン様物質(ビタミンに似た働きをする物質)です。

 

 

体内で働くビタミン様物質は10種類ほどあるものの、強力な抗酸化作用で妊娠体質になるのを助けてくれるのがコエンザイムQ10なんです。

 

>>コエンザイムQ10強力な抗酸化作用で妊娠体質に変身!

 

 

もともとは体内で合成される栄養素なのですが、年齢とともにその量は減り、

 

 

減ってしまうと代謝や免疫力が低下したり、細胞膜を保護する力が弱くなるといわれています。

 

 

卵子の中に多く存在するミトコンドリアは、エネルギーを生み出すときに多量の活性酸素を発生させて酸化しやすくなる特性があって、

 

 

その意味で卵子の老化を予防する効果もあるコエンザイムQ10は、ベビ待ちさんなら食事やサプリで補いたいところなのですが、

 

 

 

 

いつごろから?どのくらいの量を摂ればいいの?

 


と疑問に思う女性も多い様子。

 

 

ということでコエンザイムQ10の妊活摂取時期最適な量について見ていくことにしたいと思います。

 


一番選ばれているコエンザイムサプリはこれ!

 

協和発酵のコエンザイム 公式ページを見てみる

 

 

妊活のどのタイミングで始めるべき?

 

コエンザイムQ10は人間の体に入れられる栄養素の中では最強の抗酸化物質です。

 

 

細胞の老化防止のための救世主として、美容商品にもよく採用されていますね。

 

 

そのコエンザイムQ10はさきほども書いたようには加齢とともに急速に不足するため、卵子の酸化を加速させないためには早めに補いたいものです

 

 

ですから最低限、妊活を始めるぞ!というタイミングには補給を開始したいですね。

 

 

妊娠が判明してからも、お腹で赤ちゃんが健やかに成長できるよう、
継続して摂取を続けると最善だといえます。

 

 

そしてサプリなどで摂取するなら、飲むタイミングにも気を使うようにするとグッドです。

 

 

 

一日の中で飲むべき時間帯は?

 

せっかく摂った栄養素には無駄なく最大限に働いてほしいですね。

 

 

コエンザイムQ10が吸収されやすいタイミングは、
ずばり食後です。

 

 

食事の直後には、栄養分を分解して吸収させる胆汁が肝臓からたくさん分泌されるからです。

 

 

ですから胆汁が分泌されるときを狙って飲むようにすると、吸収率も最大になるので効率的でおすすめなんですね。

 

 

 

最適な摂取量は?

 

まず知ってほしいのは、コエンザイムQ10は副作用の心配がほとんどない成分だということ。

 

 

ですから過剰摂取を恐れずに、多めに摂るようにしても大丈夫なのです。

 

 

推奨摂取量や上限値について厚生労働省などが示している数値はないものの、

 

 

さまざまなデータを見たところでは、妊娠を望む時期なら一日あたり最低100mgは摂取すべきとなっています。

 

 

300mg程度とっても問題はないということですから、できるだけ多く、積極的に取り入れたいところですね。

 

 

おすすめのサプリはこれ

 

協和発酵バイオの【発酵コエンザイムQ10 EX】は一日2粒で180mgを摂れる、業界最高水準の高含有配合を実現したサプリメントです。

 

 

美容的にも、健康的にも、少なすぎると効果を感じづらいといわれているコエンザイムQ10ですから、

 

 

配合量のしっかりした製品でカラダにプラスしておきたいですね。

 

 

 

 

 

人気の関連記事

 

ベジママは妊活パパが飲んでも大丈夫?

 

 

【ベルタ葉酸サプリ】できるだけ安心・手軽に妊娠体質を目指すなら

 

 

精子力アップ!男性妊活サプリ

 

 

妊娠体質に変える!夫婦一緒に飲む2つのサプリメント

 

 

 

 

>>子供ができない原因と解決方法 トップページ

 


 
トップページ 妊活サプリ(女性) 妊活サプリ(男性) 目次