DHA・EPA 子供の発育

DHA・EPAは赤ちゃんの知能の発達に関わる大切な脂肪酸

 

青魚からとれる魚油に多く含まれるDHAとEPA。

 

 

「血液サラサラ成分」としても有名なこの2つの栄養素は、妊娠中のおなかの赤ちゃんの成長にも影響を与えるものです。

 

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、どちらもオメガ3という種類の必須脂肪酸で、私たちの体を構成し維持するための大切な成分だとされています。

 

 

厚生労働省も摂取をすすめているほどで、「DHAおよびEPAの目標摂取量は1日1グラムが望ましい」としています。

 

 

妊娠から授乳期にかけては、お母さんの胎盤と母乳を経由して、栄養素が赤ちゃんに運ばれるわけですから、お母さんが十分な量を摂っておく必要があるということなのですね。

 

 

 

DHAとEPAが子供に与える影響

 

マグロ・さば・サンマ・ブリ・ハマチなどの青魚から多くとれるDHA・EPAには「頭をよくする効果がある」と言われています。

 

 

これはオメガ3の働きで、脳の機能を高め、
知能を高くする効果
があるんですね。

 

 

特に母乳に含まれたDHAは赤ちゃんの体に伝わりやすいので、赤ちゃんの脳の発達を促す効果が期待できます。

 

 

これは研究機関の検査データからも明らかで、妊娠中から産後にかけて魚油を摂っていたお母さんから生まれた子供は、問題解決能力や理解能力が高かったというテスト結果が出ているのです。

 

 

 

最近の日本人には不足しがち

 

もともと日本人の食卓には魚が並ぶことが多く、日本食を食べているだけで十分な量のDHA・EPAが摂取できていることになります。

 

 

実際にも日本人の母乳の中には、欧米人の2〜3倍のDHAが含まれているそうです。

 

 

ただし、魚をほとんど食べないという人は、当たり前ですが不足しますし、赤ちゃんの脳の発育に充分な量を送ることはできません

 

 

しかも先ほど書いた推奨量「1日1グラム」を達成するとなるとなかなか大変です。

 

 

たとえばマグロの刺身(赤身)だけでDHA・EPA1グラムを摂ろうとすると、なんと680グラム(約9人前!)も食べる必要があります。

 

 

最近では和食離れも進んでいますし、魚がニガテ・・・という女性も少なくないです。

 

 

それでも生まれてくる赤ちゃんのためにも重要な栄養素はしっかりと摂りたい!

 

 

そう思ったときには、やっぱりサプリメント便利ですね。

 

 

おすすめはこちら↓。

UMIウェルネス株式会社

【DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン】

 

 

このサプリなら初回限定価格がお得感がありますし、美肌効果が話題の「N-アセチルグルコサミン」も同時に摂れるので女性にとってはうれしいですね。

 

 

産前・産後は、食事の買い物も作るのも大変な時期。

 

 

不足しがちな栄養成分は、サプリでお手軽にとるのも一つの方法です。

 

 

 

>>子供ができない原因と解決方法 トップページ

 

 

 

 

 

 


 
トップページ 妊活サプリ(女性) 妊活サプリ(男性) 目次